Fujifilm F900EXR FinePixカメラファームウェアのダウンロード

Fujifilm F900EXR FinePixカメラファームウェア。 富士フイルムのFinePixのポイントアン
ドシュートは、X20のようなその熱狂的なコンパクトモデルに後退しました。それでも、42倍ズームHS50EXRやそのポケットに入れられる兄弟の20倍ズームF900EXRなど、愛好家やカジュアルスナップシューティングのFujifilm F900EXR FinePixカメラから注目に値するいくつかのFinePixモデルがあります。

Fujifilm F900EXR FinePixカメラファームウェアのダウンロード

F900EXRは、そのままにしておくコンパクトカメラとして最適です。ただし、FujifilmのXシリーズカメラほど大きなセンサーや高速レンズはありませんが、手動および半手動の撮影モード、RAWキャプチャ、重要な設定への迅速なアクセスなど、愛好家に喜ばれることがいくつかあります。

高速カメラであり、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraの優れた写真も撮りますが、最高の結果を得るには、さまざまなモードと設定を検討する必要があります。

はい、Wi-Fiが組み込まれているため、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraにモバイルブロードバンド接続のiOSまたはAndroidスマートフォンまたはタブレットが搭載されている限り、どこからでもショットを撮影して共有することができます。

良い点Fujifilm FinePix F900EXRは、手動制御、設定への直接アクセス、生のキャプチャなどの趣味をターゲットにした機能を備えています。撮影性能、画質ともに優れています。

悪い点富士フイルムのEXRセンサーに不慣れな人にとって、最良の結果を得るには少し余分な労力が必要になる場合があります。同様に、そのメニューとコントロールも調整できます。

結論コンパクトな富士フイルムF900EXR FinePixカメラメガズームで結果を大幅に制御できる場合は、富士フイルムFinePix F900EXRをお勧めします。

写真品質の観点から、F900EXRは、このクラスのカメラから得られる最高の写真のいくつかを生成できます。全体的な品質のFujifilm F900EXR FinePixカメラは、dSLRのような大きなセンサーを備えたカメラから得られるものと比較されませんが、小さなセンサーのコンパクトなメガズームの場合は、非常に優れています。

フルサイズで表示すると、16メガピクセルの画像はソフトな面にあり、目に見えるアーティファクトが最も低いISO設定まで表示されます。 (ただし、このクラスのほとんどすべてのカメラで言えることです。

一方、約50%の場合、ISO 800まで引き上げて非常に素晴らしい写真を撮ることができます。そして、もしあなたがカメラができるすべてを利用するならば、あなたは実際にその感度以上の良い結果を得ることができます。つまり、Autoに設定するだけではありません。最良の結果を得るには、設定を調整するか、RAWで撮影するか、EXRモードで実験する必要がある場合があります。

それがあなたがやろうとしていることではないなら、これはおそらく良い選択ではありません。 EXR Autoモードは、自動撮影モードが進むにつれて非常に優れていますが、そのモードの設定を調整しても、より良いショットを得ることができます。画質とカメラの撮影機能の詳細については、以下のスライドショーを参照してください。

ビデオ品質は非常に良好で、連続オートフォーカスは適切に機能しますが、レンズが完全にズームインされると、フォーカスに1〜2秒かかる場合があります。ビデオカメラを交換する場合は、合格することをお勧めします。それは、主にフルHDクリップの長さが14分に制限されているため、Fujifilm F900EXR FinePixカメラです。内蔵マイクは、遠くのオーディオを拾うという素晴らしい仕事をしました。ただし、ヘッドホンで聞くと、静かなシーンでズームレンズの動きを聞くことができます。

動きの速い子供やペットを実際に捕まえる可能性のあるポイントアンドシュートを探しているなら、F900EXRが最適です。コントラストと位相差AFを組み合わせたオートフォーカスシステムのおかげで、このカメラはこのカテゴリーで最速の1つです。ラボテストでは、オフから最初のショットまで1.4秒かかりましたが、実際に撮影していたときの方がタッチが速く感じられました。ショットからショットまでの平均は約0.8秒です。フラッシュをオンにすると、その時間は約1秒長くなります。

生で撮影したときのショットツーショット時間も約1秒でした。そのシャッターラグは、シャッターボタンを押してからプリフォーカスせずにキャプチャするまでにかかる時間です。FujifilmF900EXR FinePixカメラは、明るい照明では0.1秒、暗い場所では0.4秒未満という優れたものでした。ほとんどの場合、これらのテストはレンズが最も広い位置で行われるため、ズームインすると一部の速度が遅くなる可能性がありますが、F900EXRが遅く感じることはありません。

Fujifilm F900EXR FinePixカメラカメラの連続撮影オプションには、最大解像度で毎秒最大11フレームで撮影する機能が含まれています。これは、最初のショットで設定されたフォーカスと露出であり、それは5ショットの速度しか維持できません。それでも、それは素晴らしいバーストです。生のキャプチャバーストを7.5fpsでクロックしましたが、これも非常に優れています。

ルックアンドフィールでは、F900EXRは過去数世代のカメラと大きな違いはありません。この場合、それは良いことです。

20x 25-500mmレンズ(35mm相当)と3インチの高解像度LCDがまだ梱包されています。撮影モードのダイヤルとシャッターリリースは、人間工学を向上させるために少し傾けています。と体がいいです。

詳細モードに入ると、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraモーションパノラマ機能と、トイカメラやパーシャルカラーを含む8つのエフェクトフィルターが表示されます。

富士はF900 EXRをそのスピードで売りたいと思っているので、幸いにも1.5秒の起動時間はそれほど粗末ではありません。しかし、その超高速オートフォーカスはどうですか?まあそれは確かに速いですが、引用された0.05秒のフォーカス速度は最も最適な環境にのみ適用されることに注意する価値があります。ライトを暗くすると、システムが一瞬ハントしますが、それでも非常に高速です。

露出測定は、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraカメラのもう1つの要点であり、だますのは非常に困難です。 EXRシステムのダイナミックレンジ拡張と組み合わせると、Fuji F900 EXRは、ハイコントラストの状況でハイライトとシャドウのディテールを保持するのに特に優れたものになります。ここで、レンズはいくつかの色収差(パープルフリンジ)を起こしやすいですが、ハードコアピクセルピーパーでない限り、それが決して気を散らすものではありません。

EXRモードは、暗い場所でも十分に対応します。確かに、画像は主に8MPで撮影されます。これは、ハイコントラストの状況ではFujifilm F900EXR FinePix Cameraですが、粒子が十分に抑えられており、色がまだまだ染み込んでおり、ISO 1600感度までは完全に除去されています。

Fujifilm F900EXR FinePixカメラカメラは、ISO 12800までの兵士になりますが、この設定では解像度は4MPで、画像ノイズのレベルが非常に高くなります。

ただし、大幅なノイズリダクションでは、通常のディテールへの影響があります。感度を低く設定しても、細かいにじみが見られることがありますが、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraを通過すればするほど、画家がどんどん絵になります。使用する画像が8メガピクセルしかない可能性があることを考えると、画像を縮小してシャープネスを向上させる余地もあまりありません。

いくつかの特殊効果を分解すると、結果はわずかに混ざったバッグになります。 「プロフォーカス」は、浅い被写界深度と、デジタル一眼レフイメージのFujifilm F900EXR FinePixカメラのぼやけた背景を模倣するために、被写体の一連のショットを撮ります。輪郭をシャープにするためにあまり注意深く見ない限り、それはほぼ成功します。

ただし、パノラマ機能はそれほど印象的ではありません。必要な範囲までパンするのではなく、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraで120、180、または360度のスイープを事前に選択する必要があります。垂直方向の高さも1080ピクセルに制限されていますが、少なくとも結合はかなりシームレスです。

ワイヤレス画像転送は、十分に機能する機能の別のインスタンスですが、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraのライバルシステムの精巧さにはほど遠いものです。カメラが十分な時間をかけてタイムアウトする前に画像を受信するには、Fujiのモバイルアプリをインストールして、Fuji F900 EXRのWi-Fiホットスポットに接続する必要があります。

Fujifilm F900EXR FinePixカメラFuji FinePix F900 EXRは、非常に優れたカメラの例であり、例外的な競争に遅れをとっているところです。新しいオートフォーカスシステムの驚異的な速度と精度について、不満はありません。同様に、EXR CMOS IIセンサーは商品を提供しますが、コストがかかります。

確かに、高コントラストまたは低光量の状況で解像度を半分にして8MPにすると、画像のパッキングがかなり細かくなりますが、競合メーカーが妥協する必要はありません。

富士フイルムF900EXR FinePixカメラカメラのWi-Fi機能とその一部のエフェクトプリセットも、少し戸惑っています。

Fuji F900 EXRが非常に有能なカメラであり、その優れたズームレンズ、オートフォーカスパフォーマンス、まともな画像品質を備えた優れた旅行の仲間であることは間違いありません。

Fujifilm F900EXR FinePixカメラの分離、タッチスクリーンの欠如、標準以下のパノラマ機能、やや厄介なワイヤレス画像共有は、問題を解決するものではありません。

しかし、これらすべてを、半分の解像度で非常に多くの画像をキャプチャするFujiの古くなったEXRシステムと組み合わせると、Fuji F900 EXRは、クラス最高のカメラに少し遅れをとっています。そして、Fujifilm F900EXR FinePix Cameraの定価では、それは良いポジションではありません。

Fujifilm F900の画質テストの一環として、解像度チャートを撮影しました。

Fujifilm F900EXR FinePix Camera解像度チャートの中央セクションの作物を100%(または実際のピクセル)で表示すると、たとえばISO 100でFuji F900は最大約22(画像あたりの線幅)を解決できることがわかります。高さx100)、最高品質のJPEGファイル。

当社のFujifilm F900EXR FinePixカメラ解像度チャートの意味とその読み取り方法の詳細については、カメラテスト解像度チャートの詳細な説明をご覧ください。

各感度設定で撮られたFujifilm F900EXR FinePixカメラチャートの画像を調べると、画像の高さあたりの線幅の次の解像度スコアがわかります。

慎重に制御された条件で特別に設計されたチャートを撮影し、結果の画像はDXOアナライザーソフトウェアを使用して分析されます。


Fujifilm F900EXR FinePixカメラファームウェアをダウンロードするには、以下をクリックしてください

私はブロガーであり、あなたが必要とする正しいドライバやソフトウェアを見つける手助けをしたいです。 特に規範装置から

これを共有

関連記事