Fujifilm F480 FinePixカメラファームウェアのダウンロード

Fujifilm F480 FinePixカメラファームウェア。 F480の画質は、比較的コンパクトなFujifilm
F480 FinePixですが、Fujiの2桁のFシリーズカメラの品質にはほど遠いものです。ノイズとディテールはISO範囲全体でバランスが取れており、ISOを停止するたびにノイズが少し増え、柔らかさが増します。

Fujifilm F480 FinePixカメラファームウェアのダウンロード

ISO 100だけが見栄えの良いFujifilm F480 FinePix中型(12 "x16")のプリントを引き出すことができますが、ISO 400までは9 "x12"までのプリントで十分です。 ISO 800は、そのような印刷サイズにはノイズが多すぎて柔らかすぎますが、わずかに切り抜かれた5 "x7"でも許容できます。

富士フイルムは、新しいオールブラックF480、2.7インチLCDモニター付きの広角ズーム(28〜112 mm相当)の8メガピクセルデジタルカメラ、イージーアクセスモード/シーンダイヤル富士フイルムF480をFシリーズラインに追加しますFinePixと内部メモリ、およびxDまたはSDカードストレージのサポートこのカメラの1つの注目すべき項目は、このカメラのターゲット市場を示唆するモードダイヤルから「ベビーモード」に直接アクセスできることです。

本日、FujifilmのFシリーズデジタルカメララインナップの最新モデルであり、F470の後継モデルであるFujifilm F480 FinePix eight-MegaPixel FinePix F480の発売を発表しました。

F480はトランプのデッキと同じくらいの大きさで、機能と形を求めているエントリーレベルの写真家を対象としています。 8.2 MegaPixel CCDセンサーと、ノイズ低減のためのデジタル信号プロセッサーを搭載しています。

このFujifilm F480 FinePix CCDとプロセッサーの組み合わせにより、FinePix F480で撮った写真は、色鮮やかで、鮮明で、くっきりとしています。世界的に有名なレンズメーカーであるFujinonの4.0倍広角光学ズームレンズは、35 mmカメラで28 mm-112mm相当のレンズを使用しているため、大きなグループや遠くの被写体を簡単に撮影できます。
FinePix F480には、手ぶれや被写体の動きによって発生する可能性のあるぼやけた画像を軽減する画像安定化モードも備わっています。

F480は、適切な光感度と最適なシャッタースピードを自動的に選択することで、低光量の写真でしばしば発生するぼやけやノイズのないFujifilm F480 FinePix最高品質のデジタル画像を生成します。

富士フイルムの新しいF480モデルは、次の魅力的な機能も備えています。

大型LCD:2.7インチLCDディスプレイ。
モードダイヤル:カメラには便利な位置に配置されたモードダイヤルがあり、Fujifilm F480 FinePixで最もよく使用される撮影モード(オート、ピクチャースタビライゼーション、ベイビーおよびムービーモードなど)に簡単にアクセスでき、事前にプログラムされたシーンにワンタッチでアクセスできます。モード。

シーンモード:あらかじめプログラムされた13の幅広いシーンモードが、さまざまなFujifilm F480 FinePix撮影条件で最高品質の写真を提供します。ムービーモード:QVGA品質のムービークリップをサウンド付きで毎秒30フレームでキャプチャします。外出中にビデオカメラを手元に置いていない場合に最適です。

内部メモリ:Fujifilm F480 FinePixメモリカード(別売)が画像でいっぱいになると、追加の写真をキャプチャするために、各カメラに追加の内部ストレージスペースがあります。
スタイリッシュなオールブラックF480には、リチウムイオン充電式バッテリーも付属しています。

「私たちは、Fujifilm F480 FinePixコンシューマーにポケットに入れられる使いやすいコンパクトカメラを提供し、素晴らしい写真の機会を見逃さないようにしたいと考えていました」と、コンシューマーデジタルカメラのシニアプロダクトマネージャーであるDavid Troy氏は述べています。 FUJIFILM USA、Inc.、電子画像部門

Fujifilm F480 FinePixエントリーレベルのFujifilm FinePix F480は、4倍光学ズームFujinonブランドのレンズを備えた8メガピクセルのカメラで、有効焦点距離範囲は28〜112mmで、広角から中程度の望遠まで有効です。

FUJIFILM F480は、現在のトレンドを踏襲しており、2.7インチの大型LCDディスプレイを備えていますが、光学ビューファインダーはありません(フレーミングの精度が重要でない場合に、電力を大量に消費するLCDをオフにすることができるため、一部の写真家が好むでしょう)。 、そして明るい日差しの中でまぶしさの影響を受けないようにする)。

Fuji F480は、風景、スポーツ、夜間、自然光、ビーチ、雪、花火、夕焼け、花、パーティー、美術館、テキスト、およびマニュアルなど、シーンモードの豊富な選択肢を提供します。これらすべてにより、写真家はある程度のコントロールが可能になります。シャッター速度と絞りの直接制御が利用できない場合でも、画像の見え方について。

F480は、付属のNP-40Nリチウムイオン充電式バッテリーから電力を引き出し、xD-ピクチャーカード/ SD / MMC / SDHCメディアまたは12MBの内蔵メモリに画像を保存します。

FinePix F480は、平均的なスナップシューティングに十分な解像度とズームを備えたコンパクトで魅力的なカメラと、結果を確認できる大きなLCDを備え、2007年9月から、Fujifilm F480 FinePix程度の非常にリーズナブルな価格で出荷されます。

Fuji Finepix F480は、広角レンズを備えた非常に基本的なポイントアンドシュートデジタルカメラです。その8メガピクセルのセンサーと4倍の光学ズームは、Fujifilm F480 FinePixの平均的な超コンパクトよりもほんの少しだけですが、クラス内のほとんどのカメラよりもはるかに少ない制御しか提供しません。その低解像度の映画モードでさえかなり時代遅れです。

高速USB 2.0インターフェイスを使用すると、Fujifilm F480 FinePixを使用して画像やビデオクリップをコンピューターにすばやく簡単に転送したり、カメラをPictBridge対応プリンターに接続して、コンピューターを使用せずにお気に入りの画像を印刷したりできます。すべて。

 Fujifilm FinePix F480は、4倍の光学ズームレンズと2.7インチ(230,000ピクセル)のLCDスクリーンを備えた超コンパクトな広角8.2メガピクセルデジタルカメラです。FujifilmF480 FinePixカメラのISO範囲は100〜800です。4倍の光学ズームレンズは35mmカメラの28-112mmに相当します。

Fujifilm FinePixは、広角デジタルカメラに最適な製品です。カメラは、Fujifilm F480 FinePixの頑丈な金属ボディに封入されており、ブラックまたはシルバーで入手できます。 F480は、音声付きの30fpsで320 x 480の解像度でビデオを録画できます。ボディは約を測定します。 95.6 x 55.4 x 23 mm(3.8 x 2.2 x 0.9インチ)、重量は約バッテリーとメモリーカードを除く140 g(4.9オンス)。

富士フイルムはF480についてこれを言うためにこれを持っています。富士フイルムは、8メガピクセルのFinePix F480コンパクトデジタルカメラの発売を発表します。高級なFシリーズレンジメイトと同じメタルボディと多用途の4倍広角ズームを備えたFinePix F480は、手頃な価格で高品質の機能セットを提供する使いやすいオールラウンダーを探している人に最適です。 。

シルバーまたはブラックの2つのFujifilm F480 FinePixカラーで利用可能で、トランプのデッキ(厚さわずか23 mm)以下のFinePix F480は、その見事なパフォーマンスに合わせて見栄えとコンパクトなプロポーションを誇っています。

Fujifilm F480 FinePixカメラのスイッチが入り、最初の写真を4秒未満で撮影できます。これはかなり遅いです。フォーカシングは0.5秒未満で高速であり、穏やかな光の中でフォーカシングはほとんどの場合成功しました。

レビューをオフにできないため、プリフォーカス時のFujifilm F480 FinePixカメラのシャッター応答は約0.2秒でしたが、ショットからショットへの時間は遅くなりました。連続(トップ3)モードで、SDカードを使用してショット間で約2.4秒の遅延を測定しました(これは露出設定とメモリカードによって異なりますが、SDHCが最も高速です)、マニュアルには1.66秒の機能と記載されています。

Fujifilm F480 FinePixカメラのメニューとズームインは反応するように見えましたが、写真のレビューは少しゆっくりと始まりました。さまざまなメニューオプションをすばやく移動できます。

人間工学とボタン:(感触、配置、ラベルなど)カメラはうまく機能しますが、一部の手ではFujifilm F480 FinePixには少し小さいかもしれません。ボタンは適切にラベル付けされています(記号および/またはテキスト)。コンパートメントとカバーは適切な位置にあり、簡単に開けることができます。

28mmの広角レンズが登場し、35mmレンズでは不可能なグループ写真を実現します。バレル歪みは気になりません。カメラは不飽和ではありますが、非常に自然な色のFujifilm F480 FinePixを使用しており、不適切なホワイトバランスを使用することがあります。被写体がカメラから目をそらさない限り、赤目は低くなります。暗い場所でもほとんどの場合、カメラは焦点を合わせるのに優れています。カメラには連写モードがありますが、フラッシュには対応していません。

ISOノイズテスト:ノイズは一般に悪いことです。ディテールが削除され、画像にざらつきが生じます。デジタルカメラでは、ノイズは青、赤、緑のドットのFujifilm F480 FinePixで作られることが多いため、本当の問題です。 ISO設定を上げると、写真のノイズが増える傾向があります。ノイズは写真の暗い領域で最も目立ちます。カメラには、ISOレベルが100、200、400、800の自動モードと手動モードがあります。

以下に、ノイズテスト画像と、さまざまなISO設定で撮影された画像からのFujifilm F480 FinePix実際のピクセルクロップを示します。

私はこれらの結果に驚きました。ご覧のように、ISOが上がるにつれてディテールは徐々に失われますが、ISO 800でも粒子の粗いノイズは非常に低くなります。ISO400で撮影したショットから、A4サイズ(微調整なし)で十分なFujifilm F480 FinePixプリントを作成しました、そしてA5サイズのISO 800でも問題なく動作することは間違いありません。 Nb。画像安定化モードは、より高いISO設定を使用して画像のぼやけを回避するだけであり、防振センサーや光学式画像安定化などの真の画像安定化システムではありません。

カメラは、ニュートラルでリアルなFujifilm F480 FinePixカラーで、ソフトなコントラストを備えています。細部は良好ですが、広角を使用すると、画像の角に向かってコントラストが鋭い領域に紫色の縞が表示されます。パープルフリンジ(色収差)は、ほとんどのカメラでさまざまな程度で表示される状態であり、この問題を修正できるソフトウェアが利用可能です。

一般に、「通常の」品質のJPEGアーティファクトFujifilm F480 FinePixは簡単には見られませんが、コントラストが強い領域では、最高品質の設定(4mb未満の画像)を使用するとメリットがあります。

このカメラには、広角4倍光学ズームレンズとビルトイン6.9倍デジタルズームがあります。このカメラの場合、デジタルズームは基本的に写真のより小さな領域を撮影します。


Fujifilm F480 FinePixカメラファームウェアをダウンロードするには、以下をクリックしてください

私はブロガーであり、あなたが必要とする正しいドライバやソフトウェアを見つける手助けをしたいです。 特に規範装置から

これを共有

関連記事