Fujifilm F100fd FinePix Camera Firmware Downloads

Fujifilm F100fd FinePixカメラファームウェア。  Fujifilm Finepix F100fdは、F50fdカメラの

後継であるFujifilm F100fd FinePixであり、人気のFシリーズの最上位モデルとして置き換えられています。 F100fdは、12メガピクセルの第8世代スーパーCCDセンサーと5倍広角光学ズームレンズ(28〜140mm相当)を備え、CCDシフトデュアルイメージ安定化システムを備えています。

また、2.7インチのLCD画面、FinePix S5 Pro DSLRから借用した新しいFujifilm F100fd FinePix拡張ダイナミックレンジキャプチャ機能、以前よりはるかに極端なカメラアングルで顔を識別できるFace Detection 3.0テクノロジー、最大ISO 12800のISO設定もあります。 。
残念ながら、F100fdは、前作の絞り優先モードとシャッター優先モードという形での真の手動制御も失っており、鋭いシャッターバグにはあまり魅力的ではありません。マークゴールドスタインは、富士フイルムF100fd FinePix富士フイルムファインピックF100fdがまだ彼の興味をそそるのに十分かどうかを知りました。
Fujifilm Finepix F100fdは、手のひらとズボンのポケットの両方に収まるかなりコンパクトなデジタルカメラです。富士フイルムF100fd FinePixmmの寸法は153gと軽量で、ポケットや小さなバッグに入れても、使用するまで気付かないカメラです。
F100fdは、5倍ズームレンズ(F50fsには3倍ズーム)への移行が非常に歓迎されていますが、以前のF50fdモデルよりも少し大きいだけです。富士フイルムはまた、古いF50fdと比較して、F100fdにいくつかの微妙な設計変更を加えました。カメラ本体の上部、左側、右側に非常に微妙なカーブがあり、少しスカルプトされていません。
Fujifilm Finepix F100fdは、スタイリッシュなシャンパンまたは落ち着いたブラックの配色と、丸みを帯びたコンパクトな外観で、非常に楽しいです。富士フイルムF100fd FinePixは、富士フイルムFinepix Fシリーズカメラの優れた全体的な仕上がりを維持し、概して実際よりも外観と価格が高くなります。
Fujifilm Finepix F100fdは、実際に持っているよりも少し持ちにくいので、カメラの背面にある右手の親指が自然に配置される小さな隆起領域があり、正面には握り部がありません。
右のFujifilm F100fd FinePix人差し指でシャッターボタンとシャッターボタンを囲むズームレバーを自由に操作できます。ありがたいことに、滑らかな全プラスチック製の本体にもかかわらず、カメラを握るときにカメラが滑りすぎません。
富士フイルムF100fd FinePixのさまざまなボタンは、操作性に優れており、カメラは手の中でバランスが取れています。ここには革新的な機能はありませんが、Fujifilm Finepix F100fdが行うことはすべてうまくいきます。全体的に、Fujifilm Finepix F100fdは、角が削られているという明らかな兆候がなく、よく構築され、設計されています。
Fujifilm Finepix F100fdは、外部コントロールが比較的少なく、全体でわずか9であり、限られた範囲の写真コントロールしか提供していないという事実を反映しています。ナビゲーションパッドの周囲にある4つのボタンをクリックすると、フラッシュ、マクロ、セルフタイマー、画像安定化のさまざまな撮影オプションに直接アクセスできます。
他のほとんどのFujifilmデジタルFujifilm F100fd FinePixカメラと同様に、Fujifilm FinePix F100fdには、カメラの背面にあるメニューボタンがあり、ソフトウェアメニューシステムにアクセスできます。これにより、オートフォーカス、ホワイトバランス、連続モードなどのさまざまなパラメータを設定できます。その上に「F」とマークされた小さなボタンがあり、これは富士フイルムがフォトモードメニューと呼んでいるものを開きます。
このFujifilm F100fd FinePixを使用すると、電源管理、ファイル品質、ISO速度、カラー設定(白黒、Chrome、または標準)および新しいダイナミックレンジオプションを制御できます。なぜこれら5つの設定だけがフォトモードの見出しに該当し、独自のボタンが必要なのかはよくわかりません。ホワイトバランスなどは標準メニューの一部にすぎません。
前作のF50fdとは異なり、Fujifilm Finepix F100fdは、シャッター優先、絞り優先、マニュアルなどの高度な露出モードを提供していないため、完全にコントロールしたい写真家にとっては残念なニュースです。
手動モードがありますが、実際には、誤解を招くような名前になっています。これは、絞りとシャッター速度の両方を同時に設定することができないためです。代わりに、カメラが実際に絞り/シャッター速度を設定しますが、他のすべての設定(ホワイトバランス、露出補正など)を変更できます。
適切な手動露出モード(またはクリエイティブな撮影モード)があると思ってFujifilm Finepix F100fdを購入した場合、非常にがっかりします。
9つの外部コントロールはすべて、業界標準の記号と用語を使用して明確にラベル付けされています。全体的に2.7インチの大型LCDスクリーンがあるにもかかわらず、カメラボディは全体的に非常によくデザインされており、すっきりとしています。 Finepix F100fdには光学ビューファインダーがないため、Fujifilm F100fd FinePixの場合、非常に明るい日光の下で数分の不満が生じることに注意してください。
Fujifilm F100fdの新しいデザイン機能は、リアパネルのホイールダイヤルです。このFujifilm F100fd FinePix回転式ダイヤルは、LCDメニューオプションにアクセスするだけでなく、他のデジタルカメラの従来のマルチコントローラーのように、上下左右に押すこともできます。
画像の手ぶれ補正、フラッシュモード、マクロモード、セルフタイマー、顔検出など、Fujifilm F100fd FinePixには、メニュー画面以外からアクセスできるコントロールがいくつかあります。残りの露出オプションとモードには、Fujifilm F100fdの機能メニューまたは撮影メニューからアクセスします。ホイールダイヤルは、メニュー/ OKボタンが押されたときに画面に表示される仮想ダイヤルも制御します。
画像をフレーミングするために、Fujifilm F100fdは大きくて明るい2.7インチのカラーLCDモニター、Fujifilm F100fd FinePixを特徴とし、背面パネルを占めています。私たちのテストでは、LCDモニターは、完全な広角で約104%、望遠で約98%のフレーム精度を示しました。これはかなり良いことです。
ただし、広角では結果がややゆるいため、最終フレームに入る画像領域が少なくなります。表面は反射率が高いため(Fujifilm F100fd FinePixが汚れやすい)、F100fdのLCDモニターは屋外で明るいです。必要に応じて、カメラのセットアップメニューのオプションを使用してLCDの輝度を上げることができます。
また、Fujifilm F100fdは、表示ボタンを使用してグリッドライン表示モードを提供します。これにより、Fujifilm F100fd FinePix画像が水平および垂直に3分割され、ショットの整列に役立ちます。どの露出モードでも、シャッターボタンを半押しすると、カメラの選択された絞りとシャッタースピードの設定がLCDディスプレイに表示されます。したがって、露出を直接制御することはできませんが、少なくともカメラの動作を確認し、EV補正を調整するか、フラッシュを有効にすることができます。
FinePix F100fdは、35mmカメラの28-140mmズームに相当する5倍光学ズームレンズを提供します。 5倍の光学ズームが得られるだけでなく、28mm相当の設定ではるかに広い最大広角設定が得られます。
追加で最大8.2倍のデジタルズームも利用できます。また、Fujifilm F100fdのデジタルズームFujifilm F100fd FinePixは、解像度の低下にもかかわらず細部をしっかりと保持しましたが、デジタルズームは解像度と細部をデジタル拡大と交換することを読者に思い出させたいのです。フレームのサイズを大きくします。それでも、Fujifilm F100fdのデジタルズーム性能は平均より優れており、5倍光学ズームレンズは高品質であるように見えます。
インターフェース。 16のプリセットシーンFujifilm F100fd FinePixモード、自動および手動(実際にはプログラムAEモード)露出モード、ISO、ホワイトバランス、EV補正、測光オプションなどのさまざまな露出ツールにより、Fujifilm F100fdはさまざまな非常によく撮影条件。
これらのモードとオプションへのアクセスは、Fujifilm F100fdが提供する外部コントロールがほとんどなく、残りのFujifilm F100fd FinePix機能を含む2つのLCDメニューがあるため、かなり複雑ではありません。すべての露出モードは、Fujifilm F100fdのホイールダイヤルの中央にあるMenu / OKボタンを押すことで利用できます。
富士フイルムF100fdのLCDディスプレイに仮想ダイヤルが表示され、ホイールダイヤルを回すと、使用可能な露出モードから選択したり、[撮影]メニューにアクセスしたりできます。 Fujifilm F100fd FinePixカメラのセットアップメニューへのアクセスは、最初にメニューボタンを押し、次に[撮影]メニューを選択してから[セットアップ]オプションまでスクロールする必要があるため、少し埋もれています。
富士フイルムF100fdの撮影メニューは、露出補正やホワイトバランスモードなど、ごく一部のオプションに限定されています。さらに、使用できるオプションは、使用している露出モードによって異なりますが、最初は少し複雑です。たとえば、プリセットシーンモードの1つでホワイトバランスを変更する場合は、仮想ダイヤルをアクティブにして、[撮影]メニューを選択します。
ホワイトバランスが利用できないことがわかったら、[戻る]ボタンを使用して取り消す必要があります。このFujifilm F100fd FinePixは、Fujifilm F100fdの仮想ダイヤルに戻ることはありませんが、メニュー表示を完全に閉じるので、仮想ダイヤルに再度アクセスして手動露出モードを選択する必要があります。
Fujifilm F100fd FinePixメニューに戻るには、もう一度メニューボタンを押して、撮影メニューオプションを選択する必要があります。富士フイルムがモードやメニューにアクセスした後に仮想ダイヤルに戻るようにF100fdを設計し、あまり出入りすることなくインターフェース内でいくつかの変更を行えるようにした場合、少し簡単になります。
富士フイルムF100fdの残りの露光ツールには、機能メニューからアクセスできます。ここでも、選択した撮影モードに応じて選択肢が制限されます。 ISO、ダイナミックレンジ、カラー、解像度などのオプションはここで利用できます。
顔検出、画像安定化、マクロ、セルフタイマー、フラッシュモードはすべて、外部コントロールを利用できます。
Fujifilm F100fd FinePixカメラファームウェアをダウンロードするには、以下をクリックしてください

One comment

Leave a Reply