Fujifilm F1000EXR FinePixカメラファームウェアのダウンロード

Fujifilm F1000EXR FinePixカメラファームウェア。 Fujifilm Finepix F900EXRは、20x、25-
500mmズームレンズを備えた新しい16メガピクセルのトラベルズームコンパクトカメラです。わずか0.05秒でオートフォーカスが可能で、F800EXRの後継の主要なハイライトには、1/2インチEXR CMOS IIセンサー、フル解像度で8 fpsバーストモード、最大ISO 12800の感度、RAW画像キャプチャ、wi- fi接続と60fpsのフル1080p HDムービー。

Fujifilm F1000EXR FinePixカメラファームウェアのダウンロード

その他の傑出した機能には、GPS機能、高コントラストの3インチLCDスクリーン、望遠範囲を最大40倍に拡大するインテリジェントデジタルFujifilm F1000EXR FinePixカメラズームモード、高速起動とショットツーショット時間、芸術的な範囲などがあります。フィルター効果、カスタマイズ可能な機能ボタン、内蔵フラッシュ。

Fujifilm FinePix F900EXRは、通常よりも大きいコンパクトカメラです。少し膨らんだレンズが飛び出して見えるように物を近づけるので、外見はよく見えます。写真を撮るとき、右側のわずかなグリップがカールした人差し指のグリップにカーブします。

富士フイルムF1000EXR FinePixカメラの天板は、目立たないポップアップフラッシュの周りに、スリムなズームリングが付いた銀色のシャッターボタンを備えています。電源ボタンはその横にあり、本体と面一になっているので、誤ってシャッターボタンを離したとは思いません。小さなFnボタンについても同じことが言えます。このボタンには、何よりも使用するモードを割り当てることができます。

あなたがデジタルノイズの奴隷であるならば、あなたはそれがISO設定をもたらすようにしたいかもしれません。画像サイズ、品質、ダイナミックレンジ、フィルムシミュレーション、測光(測光と呼ばれる)、焦点モード、顔検出、位置情報検索から選択することもできます。どちらを選択しても、Fujifilm F1000EXR FinePix Cameraを使用し、何らかの理由でメニューシステムに入る手間を省きます。

かつて富士フイルムは、シンプルな言語と直感的なUIを備えた非常に使いやすいメニューで知られていました。長年にわたり、より多くの機能とテクノロジーが利用可能になるにつれて、Fujifilm F1000EXR FinePix Cameraメニューはより大きくなり、より複雑な言語になりました。初心者にとって、これはかなり威圧的であり、使用を延期する可能性があります。とにかく初心者がこのようなカメラを買うことはまずありませんが、それが購入されているのが家族用カメラである場合、誰もがそれを使用できることを確認することは必須です。

ここで、他の場所を見る前に、測光などの特定の機能について説明します。このオプションは、メータリングとして他のすべての人に知られています。 Fujifilm F1000EXR FinePixカメラカメラでこの用語を使用している人は他にいません。これは、「メータリング」という言葉の方がはるかに理解しやすいためです。測光は複雑に聞こえ、それが何を意味するのかを見ないで何人かの人々を先送りにする可能性さえあります。

富士フイルムのFinepix F900EXRは非常に重い数字です。ポケットに入るほど小さいのですが、そこにあると知っていると信じた方がいいです。何らかの補強が施された可動部品で非常によくできているようです。フラッシュポップアップシステムは機械式で、カメラの側面にあるリリースボタンを押して跳ね上げます。右上の肩はコマンドダイヤルのホストです。親指と人​​差し指で見やすく操作しやすい位置に配置されています。

Fujifilm Finepix F900EXRの最も興味深い機能の1つは、新しいセンサーです。 Fujifilm F1000EXR FinePix Cameraには注目すべき興味深い領域がたくさんあります。たとえば、オートフォーカスは、位相検出AFとコントラスト検出AFを備えたデュアルモードフォーカスシステムです。富士フイルムはこれをオンにして、利用可能なライトがどのようなものであるかに応じて、カメラが一方から他方に切り替えられるようにしました。

ご存知のように、位相検出は焦点合わせが高速ですが、コントラスト検出は暗い領域でより正確です。ハイブリッドAFシステムは、撮影しているシーンに最適なフォーカスシステムを自動的に選択します。

寒さからの起動時間は信じられないほど高速です。富士フイルムのFinepix F900EXRの電源を入れ、焦点を合わせ、1.6秒で写真を撮ることができました。それは外出中や子供たちがいるときの率直な瞬間に最適です。 F900には多くの連写モードがあります。

興味深いことに、Fujifilmは、Fujifilm F1000EXR FinePixカメラはフル解像度で8 fps(フレーム/秒)を撮影できると述べていますが、8 fpsの設定はありません。代わりに、中設定で撮影される16fpsと、すべてフル解像度で撮影される11fps、6fpsおよび3fpsを取得します。

富士フイルムのFinepix F900EXRは、背面に3インチのTFT LCDスクリーンを備えており、体の他の部分と面一になっています。現在最高スペックである92万ドット(306,000ピクセル)を採用。メニューは明るく明確で、以前の懸念を考慮すると良いでしょう。使用できるメニューは1つだけで、カメラの背面にあるメニューボタンを押すとアクセスできます。メニューは、それぞれ3ページの2つのセクションに分かれています。

ナビゲーションパッドの周りでホイールを押し下げるか、時計回りに回転させると、ページをスクロールできます。

Fujifilm FinePix F900EXRは、Fujifilm F1000EXR FinePix Cameraの色数で提供されます。これは赤で、カメラのプラスチック上部はソフトタッチ仕上げで、残りの金属ボディは滑らかな赤いペンキです。付属のリストストラップを使用することをお勧めしますが、前部には適切なサイズのラバーグリップがあり、後部には親指用のラバードットの領域があります。

上部には、通常のオン/オフボタン、シャッターリリース、ズームコントロールに加えて、小さなFnボタンがあります。カメラの左側にある手動ボタンを使用して、Fujifilm F1000EXR FinePix Cameraポップアップフラッシュを解放し、閉じることを押すだけです。背面には、モードダイヤル、再生、ビデオ、ディスパッチ、E-Fnボタン、および中央メニュー/ OKボタンとスクロールホイール付きの4方向コントローラーがあります。

富士フイルムF1000EXR FinePixカメラカメラは非常によく構築されているように感じますが、さまざまな赤の色合いの組み合わせは興味深いものです。スティーブジョブ(RIP)は、彼がまだここにいるかどうか心配です。

スイッチから最初の写真、ショットからショット、フォーカス速度など、Fujifilm F1000EXR FinePix Cameraカメラの応答性をテストするために、いくつかのショットを撮りました。いくつかのショットを撮り、その平均を使用して正確で一貫したテストを行い他のカメラと比較するのは簡単です。

起動画面が無効になっています。フォーカスは、Fujifilm F1000EXR FinePixカメラが非常に高速ですが、望遠端では、カメラがハントする場合があるため、フォーカスが非常に遅くなることがあります。 JPEGモードで10fpsのカメラで最大5枚の連続撮影が可能です。

追加のサンプル写真と製品ショットは、機器データベースで入手できます。ここで、独自のレビュー、写真、製品評価を追加できます。

カメラは明るく飽和した画像を生成し、「豊かな」色と言う人もいます。露出は信頼できます。ダイナミックレンジは、ダイナミックレンジオプション(フル解像度で最大400%)またはEXR DRモード(最大1600%)を使用して拡張できますが、EXR DRモードでは解像度が8メガピクセルに低下します。赤目は、ポートレートフラッシュ写真では非常に低くなっています。

上のフジフィルムF1000EXR FinePixカメラツリーのショットでは紫のフリンジは見られませんでしたが、ウルトラズームカメラでは印象的ですが、他のショットのエッジ付近や光学ズームを使用したときに目立つものもありました。高コントラストの領域で、いくつかの色収差が見られました。バレルと糸巻き型の歪みは一般的には低かったが、大量のズームを使用するとケラレが目立つことがあった。

16メガピクセルのFujifilm F1000EXR FinePixカメラカメラでは、細部は妥当ですが、望遠ズームをより多く使用すると、画像の処理が少しオーバーになり、画像が柔らかく見えることがあります。マクロフォーカスオプションを使用すると、仕様に応じて、カメラから5cm離れたオブジェクトに焦点を合わせることができますが、レンズの前面から1.5cmに近いため、優れたマクロパフォーマンスが得られます。

ISO100とISO200のショットは低ノイズを示し、ISO400ではより多くのノイズが目立ちます。 ISO800では、ノイズが再びより顕著になり、ISO1600では、ノイズ低減が増加するにつれて、ディテールが低下します。 ISO3200に到達したら、EXR高ISOおよび低ノイズ設定を使用して、8メガピクセルの解像度を下げてより良い結果を得ることができます。 ISO6400では、カメラは自動的に画像サイズを8メガピクセルに縮小し、ISO12800では画像サイズを再び4メガピクセルに縮小します。

 オートホワイトバランス(AWB)は、タングステンライトの下で温かみのある結果を提供し、タングステンプリセットを使用すると、よりニュートラルな結果を提供します。 AWBは、蛍光灯の下でも良好に機能します。FujifilmF1000EXR FinePix Cameraは、蛍光プリセットがカラーキャストを提供します。

Fujifilm F1000EXR FinePixカメラカメラには、120、180、360度のさまざまなパノラマモードがあり、シャッターボタンを押すだけで、カメラを片側から反対側にパンします。

シーンモードやデジタルフィルター、多重露出撮影など多数あります。これらの多くは上記で見ることができます。これらに加えて、標準、ベルビア、ソフト/アスティア、白黒、セピアなどのフィルムシミュレーションモードもあります。

カメラは、ステレオサウンドと光学ズームを使用して、60 fpsでフルHDビデオを記録します。 120fps VGA録画、320fpsで240fps、320x112ピクセルで480fpsを含む、低解像度で利用可能な高速ビデオモードがいくつかあります。

以下のビデオに示すように、特に録画中に光学ズームを使用すると、ビデオを使用するFujifilm F1000EXR FinePixカメラでフォーカスが非常に遅くなることがあります。また、特に大量のズームを使用する場合、画像安定化はビデオを安定に保つのに苦労します。

富士フイルムF1000EXR FinePixカメラ。多くの競合他社よりも高価ですが、時間の経過とともに価格が下がると予想されます。他にも多くのトラベルズームカメラがあります。


Fujifilm F1000EXR FinePix Camera Firmwareをダウンロードするには、以下をクリックしてください

私はブロガーであり、あなたが必要とする正しいドライバやソフトウェアを見つける手助けをしたいです。 特に規範装置から

これを共有

関連記事