Fujifilm XQ2デジタルカメラファームウェア。 主にハイキング用の高度な機能を備えた小
型カメラFujifilm XQ2デジタルカメラが欲しかった。私はいくつかのブランド(Sony、Nikon、Panasonic、Cannon)を試しましたが、成功の度合いはさまざまでしたが、実際に成功したブランドはありませんでした。それから富士フイルムXQ2を試しました。それは私が試した他のものより安いので、私はあまり期待していませんでした-しかし、私は本当に驚きました。私は主に絞り優先で撮影し、Fujifilm XQ2デジタルカメラのクローズアップ作業(主にワイルドフラワー)を多数行い、露出補正を頻繁に使用し、スポット測光から評価測光に頻繁に切り替え、ブラケットモード(露出、フィルムモード、ダイナミック)を使用するようにしています範囲など)、そして岩やものの上を登るときにポケットに入れられるカメラが必要です。

三脚は使用していません-クローズアップのFujifilm XQ2デジタルカメラでも、優れた手ぶれ補正機能が必要です。そして、私は複雑なメニューシステムを経由することなく、これらすべてのモードと機能を切り替えられるようにしたいと考えています。カメラの背面にあるボタンを押して、これらすべての操作を実行できます。

また、日光の下で見られる画面を使用して、Fujifilm XQ2デジタルカメラの焦点を手動で合わせたいです。フォーカシングは非常に速く、カラーバランスは私が使用したどのカメラよりも優れています。フィルムモードはFujiに固有のものであり、クラシッククロムなどのデジタルモードでクラシックフィルムの「ルック」のいくつかをエミュレートできます。

XQ2はこのすべてを行い、さらに多くのことを行います。 Fujifilm XQ2デジタルカメラからマニュアルをダウンロードして読むことにより、その機能を確認できます。よろしければ、私に質問することもできます。

このFujifilm XQ2デジタルカメラは、ポイントアンドシュートとしても使用できます。静止画とビデオの両方で優れた結果が得られます。低照度で内部がどの程度うまく機能するかはわかりません。まだ試していません。誰もが、自分が使用しているカメラ(または好きではないカメラ)について意見を持っています。時々それはカメラであり、時々それは写真家です。時々それは両方です。

ところで、2回目に富士フイルムXQ2デジタルカメラの大きな岩にぶつけました。まったく害はありませんでした。私はいくつかの写真を含めました。

オートフォーカスは、位相検出とコントラスト検出AFで非常に高速です。 Fujifilm XQ2デジタルカメラレンズは非常に優れており、標準(Provia)フィルムシミュレーションで非常に心地よく正確な色を生成します。 「クラシッククローム」フィルムシミュレーションが大好きです。カメラのJPEGは非常に優れており、非常に厳しい状況を除いて、RAWを撮影する必要がありません(RAW画像をカメラで処理することもできます)。E-Fn機能ボタンは、 1つのカスタム関数がありますが、設定をすばやく変更します(3つのフィルムシミュレーションをまとめるために使用します)。

E-Fn、電源、およびDISPボタンは小さいため、大きな手を持つFujifilm XQ2デジタルカメラユーザーは、それらに問題がある可能性があります。 XQ2はサイズが小さいため、トラベルショットや一般的なポケットカメラに最適です。センサーとレンズは平均的なP&Sカメラを超えて競合できるので、「ポイントアンドシュート」カメラとして分類しません。3.0インチLCD搭載のFujifilm XQ2デジタルカメラ(ブラック)

Fujifilm XQ2デジタルカメラ。カナダ東部とニューイングランドを通る2週間の旅行でXQ2に乗りました。 XQ2だけで撮影したところ、完璧に機能しました。センサーサイズに優れた画質。

これはFujifilm XQ2デジタルカメラで、非常に珍しい獣です。2/ 3インチセンサーがこのような小型カメラに搭載されています。画質の点で、市場に出ている他のすべての小型ポケットカメラよりも優れています。同じセンサーを入手した方法はるかに大きな富士フイルムX30がこの小さなボディに使用したとは想像もできませんが、それを見つけるのは一生懸命でした。

富士フイルムXQ2デジタルカメラの操作はスムーズで高速で、建設は一流です…富士フイルムの典型です。画質は素晴らしいです。このモデルは数年前のものですが、見つかれば本物の逸品です。

これまでのところ、私はこの小さなFujifilm XQ2デジタルカメラに非常に満足しています。すでに他の富士フイルムカメラの設定に慣れているので、数分で設定して撮影を始めることができました。センサーが小さい(APS-Cとは対照的に2/3インチ)にもかかわらず、ISOが1600〜3200を超えると、ノイズがわずかに多くなりますが、これは非常に優れた印刷を生成できる優れた持ち運びです。 5X7または8X10-少なくとも私にとっては。

富士フイルムXQ2デジタルカメラ部屋全体を明るくするのではなく、「人」の設定では小さいフラッシュを使用して入力します。クラシッククロムはコントラストが良好で非常に心地よく、グリーンフィルター付きの白黒設定は素晴らしい肌のトーンを作り出します。ポイントアンドシュートとして強くおすすめ。

XQシリーズの最後です。私は以前Xq1とXq2を持っていました。不幸なことに私は交換が必要でした。これは富士フイルムXQ2デジタルカメラ専用のカメラで、DSLRのすべての調整が可能です。

優れた価格で優れたカメラ。富士フイルムXQ2デジタルカメラのお金のために、あなたはこれより良いカメラを見つけるのに苦労するでしょう。すべての照明条件下で良好に機能し、2倍のコストがかかるカメラよりも優れた結果が得られます。

富士フイルムXQ2は、新しい「コンパクトクローム」フィルムシミュレーションモードでXQ1を更新し、画像処理を改善した、新しいプレミアムコンパクト富士フイルムXQ2デジタルカメラです。このカメラは、12メガピクセルの2/3インチX-Trans CMOS IIセンサー、高速f / 1.8 4x光学ズームレンズ、フル1080p HDビデオ録画を特徴としています。それは黒、ツートンシルバーまたは白で利用できます。

Fujifilm XQ2には、12メガピクセルの2/3インチX-Trans CMOS IIセンサーが搭載されています。これは、Fujifilm XQ2デジタルカメラに搭載されているセンサーと似ていますが、はるかに小型です。 Fujifilm XQ2は、明るいf / 1.8、4倍の光学ズームレンズを備えており、光学式手振れ補正機能が組み込まれており、35mm換算で25〜100mmに相当します。マクロ撮影では、レンズの最短撮影距離は3cmです。フル解像度の画像を連続撮影モードで最大12fpsで撮影できます。

Fujifilm XQ2デジタルカメラには、完全な手動制御を提供するP / A / S / Mを含む、利用可能な多くの撮影モードがあります。 64シーンタイプから検出してカメラ設定を自動的に調整する高度なSR(シーン認識)自動モードもあります。

詳細モードには、モーションFujifilm XQ2デジタルカメラ120/180/360、多重露光、プロローライト、プロフォーカスの4つのオプションがあります。追加の創造性のために、高度なフィルターモードには、おもちゃのカメラ、ミニチュア、ポップカラー、ハイキー、ローキー、ダイナミックローン、ソフトフォーカス、および部分的なカラーオプションが含まれます。 XQ2には多数のフィルムシミュレーションもあります。これらは、Provia / Standard、Velvia / Vivid、Astia / Soft、Classic Chrome、Sepia、Monochrome(+ Ye / R / Gフィルター)です。

内蔵のWi-Fiにより、無料のFujifilm XQ2デジタルカメラアプリケーションアプリを使用して、スマートフォンやタブレットに画像を簡単に転送できます。カメラの背面にあるボタンで接続を簡単にするように設計されています。

Fujifilm XQ2デジタルカメラアプリでは、画像にジオタグを付けることもできます。内蔵のRAWデータコンバーターを使用すると、PCを必要とせずに画像を表示および編集できます。露出補正、フィルムシミュレーションモード、ホワイトバランス、その他のカメラ内の画質設定を調整するオプションがあります。 XQ2は、Fujifilm Instax Share SP-1インスタントプリンターとも互換性があります。

ビデオはフルHD、1080p、60fpsで録画され、フィルムシミュレーションモードも使用できます。最大250fpsまでのFujifilm XQ2デジタルカメラ高速ビデオモードが利用可能ですが、これらは解像度が低くなっています。

Fujifilm XQ2はコンパクトな金属ボディで、レンズが突き出ているにもかかわらず、ポケットやハンドバッグに簡単に収まります。前面は少し手触りがあり、握りやすくなっています。背面には右手親指用のゴム製グリップがあります。 Fujifilm XQ2デジタルカメラレンズの周りにはコントロールリングがあります。これにより、特定の設定を調整して、好みの設定にカスタマイズできます。利用可能なオプションには、ズーム、ISO、露出補正、絞り、シャッタースピード、フィルムシミュレーションなどがあります。

カメラの上部には、モードダイヤル、オン/オフボタン、ズームロッカー、シャッターリリース、小さなフラッシュをポップアップするボタンがあります。富士フイルムXQ2デジタルカメラの背面にあるボタンには、再生、動画記録、表示/背面、E-Fnがあります。メニューオプションを循環するためのスクロールホイール付きのDパッドもあります。

d-padは、Fujifilm XQ2デジタルカメラマクロモード、フラッシュ、露出補正、セルフタイマーにもアクセスできます。 E-Fnボタンを押すと、メニューが画面に表示され、背面のボタンを2番目に使用できます。ここでのオプションには、フィルムシミュレーション、フォーカスモード、ISO、ホワイトバランス、連続撮影、フォーカスエリアが含まれます。これらのオプションをカスタマイズすることもできます。

メニューボタンを押すと、7つのタブがある画面が表示されます。そのうちの4つは撮影設定用で、3つは設定というタイトルです。 Fujifilm XQ2デジタルカメラのモードで使用できないオプションはすべてグレー表示されます。 3.0インチの画面は明るくカラフルで、920kドットの解像度と優れた視野角を備えています。明るい日光の下で撮影している場合は、見やすいように明るさを増すモニター太陽光モードがあります。

Wi-Fiにアクセスするには、再生を開始してE-Fn / Wi-Fiボタンを押す必要があります。 XQ2のWi-Fiに接続する前に、iTunesまたはGoogle PlayストアからFujifilm XQ2デジタルカメラアプリケーションアプリをダウンロードする必要があります。

接続したら、アプリを開く必要があります。 Fujifilm XQ2デジタルカメラで写真を表示および転送するか、カメラから画像を選択してスマートフォンまたはタブレットに送信できる受信モードに入ることができます。アプリを使用して画像にジオタグを付けることもできます。

バッテリー寿命はFujifilm XQ2デジタルカメラで評価されているため、特にW-Fiを頻繁に使用する場合、1日中撮影するのに苦労する可能性があります。カメラの応答性をテストするために、スイッチを入れてから最初の写真、ショットからショット、フォーカス速度など、いくつかのショットを撮りました。いくつかのショットを撮り、その平均を使用して正確で一貫性を確保しています。

Fujifilm XQ2デジタルカメラファームウェアをダウンロードするには、以下をクリックしてください

ファームウェアダウンロードFujifilm XQ2デジタルカメラ