Canon EOS Kiss X5 DSLRファームウェアのダウンロード

Canon EOS Kiss X5 DSLRファームウェア. Canon EOS Kiss X5 DSLRは、コンシューマレベ

ルのdSLRを、中レベルのCanon 60Dに数歩近づけたもので、背面回転LCDスクリーン、リモートフラッシュ発光、カメラ内処理機能が追加されています。

すでに非常に有能な古いCanon EOS Kiss X5 DSLRは、18 MPセンサー、63ゾーン露出計測システム、高ISOパフォーマンスなど、Canon EOS Kiss X5 DSLRと多くの重要な機能(およびsemi-pro 7Dの機能さえ)をすでに共有しています、HDムービー機能、およびDigic 4画像プロセッサ。これらの新しいアップグレードでは、どちらかを選択することがさらに困難になる場合があります。しかし、いくつかの重要な違いがあります。
Canon EOS Kiss X5 DSLRがT2iの後継となることを検討している場合。両方のカメラが同じ18メガピクセルセンサーとDigic 4プロセッサを共有しているため、T2iとT3iはどちらもまったく同じ画質で画像を作成し、同じ低照度/高ISOパフォーマンスを生成し、3.7フレーム/秒で撮影し、ほぼ同じサイズとビルド品質。
どちらも同じ18-55mmキットレンズで提供されます(新しいT3iキットレンズでは、外観上の小さな違いがあります)。 Canon EOS Kiss X5 DSLRは、回転式背面LCDモニターが追加されているため、非常にわずかに大きく重いです。これが2つのカメラの最大の違いの1つです。可変角度のリアスクリーンが必要ですか?
もう1つの大きな違いは、Canon EOS Kiss X5 DSLRが複数のオフカメラフラッシュをリモート制御できることです。他のキヤノンのスピードライトをトリガーするように。 T3iへのその他のマイナーな追加には、シーンインテリジェントオートモードが含まれます。これは、ポイントアンドシュートカメラから借用した機能です。自動モードの場合。
Canon EOS Kiss X5 DSLRは、撮影しているシーンのタイプ(接写、ポートレート、風景など)を判別し、それに応じてカメラ設定を自動的に構成します。ただし、強力で高価なデジタル一眼レフをポイントアンドシュートとして使用したい場合は、費用を節約し、素敵で高品質なポイントを購入して、次のように撮影する必要があります。
その他の、ただしCanon EOS Kiss X5 DSLR必須の追加アップグレードには、カメラ内処理のクリエイティブフィルター、さまざまな画像サイズの比率を選択して画像を評価する機能が含まれます。 (役立つヒント:画像の再生中にQボタンを押すと、評価、回転、クリエイティブフィルターなどの機能にアクセスできます。)
わずかに役立つCanon EOS Kiss X5 DSLR機能ガイドもあり、さまざまな設定の簡単な説明と、ビデオスナップショットなどのいくつかの追加のビデオ機能を提供します。これらを使用して、自動的にビデオに結合される短いビデオクリップを、音楽とともに撮影できます。
センサーと画質:Canon EOS Kiss X5デジタル一眼レフカメラ3台はすべて、非常に似たセンサーと18メガピクセルを共有しているため、画質はほぼ同じです。すべてがプロ品質の画像を撮影できます。
露出測定:Canon EOS Kiss X5 DSLR 3台のカメラはすべて、最新の63ゾーンのデュアルレイヤー露出測定システムと4つの測定モードを共有しています。つまり、露出はほぼ同じように決定され、難しい逆光シーンなど、ほとんどすべての状況で適切に露出された写真を撮ることができます。部分測光とスポット測光で測定される領域のサイズは、カメラ間でわずかに異なりますが、これは重要なことではありません。
オートフォーカス:Canon EOS Kiss X5 DSLRは、60Dと同様のオートフォーカスシステムを共有し、9つのフォーカスポイントと3つのオートフォーカスモードを備えています。ただし、Canon EOS Kiss X5 DSLRの9つのAFポイントは、T3iのAFポイントよりも感度が高くなります。すべてがクロスタイプで、T3iではセンターのみがクロスタイプです。
60Dオートフォーカスシステムは、19 AFポイントシステムと追加のゾーン、スポット、および拡張フォーカスモードを備えたCanon EOS Kiss X5 DSLRの洗練されたAFシステムよりもはるかに複雑ではありません。これらのさまざまなモードは、多数のAFポイントをどのように処理してグループ化するかを扱います。
さらに、7Dのカスタム設定により、Canon EOS Kiss X5 DSLRがAFシステムの動作方法をカスタマイズできます-被写体を追跡する方法、ユーザーと最初の被写体の間にあるオブジェクトを処理する方法、これらの可能な変化にすばやく応答する方法あなたから離れた距離にある被写体など。ただし、あなたが熱心なスポーツ写真家、野生生物の射手、またはAFシステムの精巧な機能を理解し、必要とし、使用する人物でない場合、これはあなたを揺さぶるべきではありません。
あなたはおそらく価格から理解できるように、各カメラは同じように構築されていません。 Canon EOS Kiss X5 DSLRは、ポリカーボネートボディのステンレス鋼フレームの比較的強い構造を持っています。 60Dは強くて軽いアルミニウムフレームとポリカーボネートボディを備えていますが、7Dのマグネシウム合金構造ほど強くありません。
キヤノンEOS Kiss X5 DSLRには、ある程度の耐候性もあります。しかし、毎日または旅行の状況でカメラを使用するユーザーを含め、ほとんどのユーザーにとって、これらのカメラの構造は十分に優れており、十分に強く、十分な耐久性があります。
Canon EOS Kiss X5 DSLRこれらはすべて非常に類似したセンサーを共有しているため、高感度ISO設定でのISO感度とパフォーマンスは、これら3つのカメラで実質的に同じです。しかし、私の言葉を信じないでください。フォーラムのピクセルのぞき見者に惑わされないでください。代わりに、dxomarkでカメラセンサーテストをチェックして、これを確認してください。ご覧のとおり、これらはすべてまったく同じ全体的なスコアを共有しており、非常に類似したパフォーマンスを示しています。
Canon EOS Kiss X5 DSLR構造と同様に、ボタンとコントロールはこれらのカメラによって異なります。 T3iとは異なり、60Dと7Dは、高度な写真家がカメラの外側で必要とするほぼすべてのコントロールを備えており、上部のLCDパネルと背面のクイックコントロールダイヤルがオンになっていません。
すべてのカメラで、Canon EOS Kiss X5 DSLRコントロールは、QボタンとQメニュー、または背面LCDモニターの他のメニューからも簡単にアクセスできます。 60Dの上部のボタンはそれぞれ1つの設定のみを設定するため、これはCanon EOS Kiss X5 DSLRの複数設定ボタンよりも複雑ではありません。
キヤノンはキヤノンEOS Kiss X5 DSLRのホワイトバランス(WB)ボタンを削除しましたが、それは大した問題ではありません-Qメニューを使用してください。もう1つの変更点は、マルチコントローラーが親指のジョイスティックから移動し、背面のクイックコントロールダイヤルの中央に配置されていることです。
これはそれがどのように機能するかを変えるものではなく、その違いに慣れるだけの問題であるべきです。ほとんどの場合、AutoまたはProgramでカメラを使用する予定であれば、T3iのコントロールで十分です。 Av、Tv、またはMモードで作業していて、現在の設定を表示および変更するために、コントロールと追加の上部LCD画面にすばやく直接アクセスする必要がある場合は、Canon EOS Kiss X5 DSLRを検討する必要があります。
メニューとカスタム機能:これらにより、カメラの機能のカスタマイズをより詳細に制御できます。メニューとカスタム機能の設定オプションは、Canon EOS Kiss X5 DSLRに比べて数が少なくなっています。
これらの設定により、Canon EOS Kiss X5 DSLRの操作、機能、およびコントロールをカスタマイズして、露出の増分、レンズの周辺光量補正(暗いコーナーを修正)、オートフォーカスシステムの動作を微調整するなどの操作を行うことができます。より正確なホワイトバランス設定を設定し、どのボタンが何を実行するかをカスタマイズします。
私のCanon EOS Kiss X5 DSLR Experience-操作と画像作成の静止写真家向けガイド、Canon EOS Kiss X5 DSLRの操作と画像作成の写真家向けガイドなど、すべてのメニュー設定とカスタム機能について説明している電子書籍があります。カメラを設定して、写真の撮り方に最適に動作するように設定し、これらの強力なdSLRカメラのすべての高度な機能、設定、およびコントロールを習得することもできます。
Canon EOS Kiss X5 DSLRファームウェアをダウンロードするには、以下をクリックしてください
動作環境 :

ファームウエアの変更を行うには以下の機材が必要です。

  1. カメラ本体
  2. 専用バッテリーパック (フル充電したもの) 、または専用ACアダプターキット
  3. 初期化したSDカード (64MB以上、64GB以下のもの)
  4. ファームウエア (ホームページからダウンロードしたファイルです)
動作環境 :

ファームウエアの変更を行うには以下の機材が必要です。

  1. カメラ本体
  2. 専用バッテリーパック (フル充電したもの) 、または専用ACアダプターキット
  3. 初期化したSDカード (64MB以上、64GB以下のもの)
  4. ファームウエア (ホームページからダウンロードしたファイルです)
動作環境 :

ファームウエアの変更を行うには以下の機材が必要です。

  1. カメラ本体
  2. 専用バッテリーパック (フル充電したもの) 、または専用ACアダプターキット
  3. 初期化したSDカード (64MB以上、64GB以下のもの)
  4. ファームウエア (ホームページからダウンロードしたファイルです)

Leave a Reply