Canon EOS Kiss X2 DSLRファームウェアのダウンロード

Canon EOS Kiss X2 DSLRファームウェア. 私はこのカメラが本当に好きで、Canon EOS
Kiss X2 DSLRの購入にとても満足しています。なぜなら、プリセット設定の代わりに他の設定を使用する方法を学ぶために最初にフィルムカメラを購入したからです。この映画は開発するのにとても高額だったので、このデジタル映画を購入しました。フィルムで写真を見るのに時間がかかりすぎて、自分が間違っていたことを確認する必要がありました。

Canon EOS Kiss X2 DSLRファームウェアのダウンロード

私はプロではありませんが、キヤノンEOS Kiss X2 DSLRは今年、子供のシニア写真を撮りたかったのです。私は楽しく学びましたが、使用するレンズ、使用する設定、いつ使用するかを学ぶために神経質になりました。私のやっていることを知っている限り、このカメラは素晴らしい写真を撮ります!

中古のこのカメラを買ったので、とてもお買い得です以前は高度なポイントアンドシュートを使用していましたが、このSLRはそれよりもはるかに使いやすくなっています。オンラインマニュアルから必要なものを印刷できます。 Canon EOS Kiss X2 DSLRで私が最も気に入っているのは、レンズを自動調整するように設定できるので、焦点を合わせたり、必要な長さを決めたりする必要がなく、シャッターボタンを半押しすると自動的に調整されます。

新品同様の状態で届き、ボディ、レンズ、ネックストラップ付きのCanon EOS Kiss X2 DSLRが登場しました。私はそれが完全な初心者として取扱説明書が付いていたらいいのにと思っていましたが、数回いじった後、私はすぐにいくつかの良い写真を撮っていました。

デジタル一眼レフとの旅は、キヤノンEOS Kiss X2デジタル一眼レフと元のデジタルレベルで始まりました。デジタル一眼レフは私の写真を他に類を見ないほど良くした。 5年後、約25,000発の撮影が行われましたが、それでもまだ強くなっています。その過程で、素晴らしいカメラであるCanon 30Dにアップグレードしました。 40Dが発表されたとき、私は2009年のいつか50Dまで待つことにしましたが、私の写真のニーズに合わせて、より新しいバックアップ/秒のボディが必要でした。したがって、XSi / 450Dが発表されたとき、それは私のニーズにぴったり合っているように思えました。

私は3日前にCanon EOS Kiss X2 DSLRからそれを手に入れました。それ以来、さまざまな撮影条件の下で、さまざまなCanonおよびサードパーティのレンズを使用して約650枚のショットを撮り、かなり良いトレーニングをしてきました。以下は私の印象です。

ビルドは非常に良い感じです。 Canon EOS Kiss X2デジタル一眼レフカメラは、驚くほど軽量でありながら、よく構築されているように感じます。私は平均的なサイズの手で6フィートの高さで、カメラは私の手にぴったりです。

キヤノンEOS Kiss X2 DSLRバッテリーグリップは、私にとっては、小型で軽量のDSLRを使用する目的に反するため、白馬/ Optekaグリップを選択しました(これは、三脚のソケットにねじ込むことで、優れたCanonを使用できるようにするプレートです) E1ハンドストラップと一緒に)と私は幸せになることができませんでした。私はネックストラップのファンではないので、これは私にはうまくいきます(設定については、アップロードされた写真を参照してください)。

背面のほとんどのメニューボタンは、元のDigital RebelやCanon EOS Kiss X2 DSLRのものとは異なる感じがします。 XSiボタンの方が触感がよく、押したときに確実に「クリック」できます。例外は、露出ロック(*)とAFセレクターボタンです。これらのボタンは、古いカメラのより深く、よりソフトな感触を維持します。私にとっては、良くも悪くも、ただ違う。

Canon EOS Kiss X2 DSLRピクセル。再生画像は見栄えがよく、センサーの解像度が高いためか、画像が正しく読み込まれて表示されているときに10倍に拡大すると、わずかな遅延が発生します。他のカメラやブランドから来た人は、気が付かないかもしれません。それは、他の2つのCanon DSLR(解像度の低いセンサー)との違いのためです。

LCDスクリーンのキヤノンEOS Kiss X2 DSLR視野角(画面を上下左右からはっきりと確認できる程度)は優れています。俯瞰撮影では、カメラをほぼまっすぐ上に向けたままの画面が表示されます(これについては後で詳しく説明します)。視野角は水平と垂直の両方で約160〜170度と推定します。

Digital RebelにはメインLCD画面の上に個別のステータス画面があり、Canon EOS Kiss X2 DSLRにはカメラの上に1つあるので、ステータス画面として機能する大きなLCDが好きかどうかわからなかった。トップ画面なし。この取り決めは、少なくとも私にとってはうまく機能していると言って嬉しいです。バックスクリーンは一目ですべての設定を行うことを本当に簡単にします。ファインダーは、デジタル反逆者よりもはるかに大きく、明るいです。私にとって非常に歓迎される機能は、ビューファインダーに常に表示されるISO値です。

カメラは画質の方程式の半分にすぎず、もう1つは使用するレンズです。私のお気に入りのレンズであるキヤノンEF 70-200mm f / 4 L望遠レンズと相まって、XSiはキヤノンEOS Kiss X2 DSLRの素晴らしい画像を生み出します。付属のキットレンズは、手ぶれ補正レンズとして非常に軽量・コンパクトで、性能も良好です。 ISは確かに非常に役立ちます。

以前はデジタル反逆者に欠けていた、キヤノンEOS Kiss X2 DSLRで見つかったより高価なDSLRの2つの機能がXSiに搭載されました:スポット測光とフラッシュ露出補正(これらは以前のデジタル反逆者モデルで利用可能だったかもしれませんが、 Canon EOS Kiss X2 DSLRも)。

Canon EOS Kiss X2 DSLRにこれら2つの機能が含まれているため、カメラはより完全で魅力的な写真ツールになっています。タイマー機能にカスタムモードが追加されました。10秒からカウントダウンし、連続して(指定した数の)ショットを撮ります。各ショットの後にタイマーをリセットするために前後に実行する必要はもうありません!従来の2秒タイマーもあります。

センサーとISO値について少し話しましょう。 Canon EOS Kiss X2 DSLRには、100(最高の画質)、200、400、800、1600の5つのISO値があります。ISOを高くすると、カメラセンサーの光に対する感度が向上するため、特定の照明でより高速なシャッター速度を実現できます。状態。

ただし、トレードオフとして、ISOが高くなるとセンサーの「ノイズ」(フィルム写真の粒子を考える)が増加するため、手ぶれによる写真のぼやけが少なくなります(シャッタースピードが速いため)代わりに画質が低下します。これは、キヤノンEOS Kiss X2 DSLRで、美術館、コンサート、劇場などのフラッシュ撮影が許可されていない状況で便利になる場合があります。

ただし、ポイントアンドシュートデジタルカメラと比較して、Canon EOS Kiss X2 DSLRを含むDSLRのより大きなセンサーは、ISO 800および1600でさえ、カメラからすぐに非常に使いやすい画像を取得できることを意味します。これらのISO設定で撮影した画像を任意の数のサードパーティ製ノイズリダクションソフトウェアで実行すると、画像がさらに改善されます。

これは、キヤノンEOS Kiss X2 DSLRのもう1つの非常に便利な機能である、フォトグラファーにとって使いやすい機能です。AutoISO機能です。デフォルトでは、Auto ISOはISO(光に対するセンサーの感度)を100から800の範囲で設定します(カスタム関数を使用して、これを200〜1600に変更できます)。

たとえば、子供の屋内バスケットボールゲームを撮影していて、アクションを「フリーズ」するために少なくともCanon EOS Kiss X2 DSLR秒のシャッタースピードが必要であることがわかっている場合は、カメラをテレビ(シャッター優先モード)に設定できます。 )、値を1/200に設定し、カメラをAuto ISOに設定します。

次に、Canon EOS Kiss X2 DSLRカメラが絞りとISOを一致させて、そのシャッタースピードで適切な露出を実現します。他のデジタル一眼レフでは、カメラをシャッター優先に設定すると、カメラは絞り値を調整することしかできませんでした。 ISO設定は手動で調整する必要があり、カメラがISO値を自動的に調整する機能により、カメラマンが心配する必要が1つ少なくなります。

私はCanon EOS Kiss X2 DSLR機能をテストして、どのように機能するかを確認しましたが、スタジオやマクロ撮影でどれほど役立つかはすでに確認できました。ただし、ライブビューモードでは、シャッターを半押ししてオートフォーカスを行うことはできません。

手動でフォーカスするか、2つのオートフォーカス方法のいずれかを使用して、クイック(ミラーが上に上がる、LCDがしばらく暗くなり、フォーカスがロックされた状態で下がる)またはライブ(カメラはLCDのコントラスト検出を使用して達成する)フォーカス-この方法はクイック方法よりも低速です)。どちらも、ライブビューモードで露出ロックボタン(*)を押すことにより実行されます。 Canon EOS Kiss X2 DSLRワイヤードリモートまたはRC-1ワイヤレスリモートのいずれかをライブビューモードで使用すると、シャッターのみがトリガーされ、フォーカスには影響しません。

一部の人々は、ライブビュー機能が含まれているため、Canon EOS Kiss X2 DSLRを使用して、ポイントアンドシュートのデジタルカメラでショットを合成できるとの印象を受けています。そうではありません。カメラが三脚または平らな面にしっかりと取り付けられていない限り、ライブビュー機能を実際に使用することはできません。どちらのライブビューフォーカシングモードも、正確ではありますが、ハンドヘルドシューティングに使用するには遅すぎます。

そうは言っても、私が評価するようになった手持ち撮影でのCanon EOS Kiss X2 DSLRの1つの使用があります。頭上や障害物の上で撮影するときは、カメラを持っているのと同じ手でライブビューをトリガーし、LCDモニターでシーンを構成します(ピントが合っていない場合でも、一般的なフレーミングを簡単に調整できます)。ライブビュー、そして通常の写真を撮ります。少し練習すれば、これは非常に迅速に実行できます。カメラを頭上に構え、最高のものを期待しているときに非常に便利です。


Canon EOS Kiss X2 DSLRファームウェアをダウンロードするには、以下をクリックしてください
動作環境
このソフトウエアを使用するには、お使いのパソコンが次の条件を満たしている必要があります。
対象 OS :
macOS 10.15, 10.14, 10.13, 10.12

動作環境 :
このソフトウエアを使用するには、お使いのパソコンが次の条件を満たしている必要があります。

対象 OS :
  1. Windows 10 64bit (Version 1607 以降) , Windows 8.1 64bit, Windows 7 SP1 64bit(※)

  • Microsoft .NET Framework 4.7.1 がインストールされていること。 (インターネットに接続できる環境が必要。)


動作環境 :
このソフトウエアを使用するには、お使いのパソコンが次の条件を満たしている必要があります。

対象 OS :
  1. Windows 10 (Version 1607 以降)、Windows 8.1、Windows 7(※)

  • Microsoft .NET Framework 4.7.1 がインストールされていること。 (インターネットに接続できる環境が必要。)

私はブロガーであり、あなたが必要とする正しいドライバやソフトウェアを見つける手助けをしたいです。 特に規範装置から

これを共有

関連記事