Canon Pixus MP630ドライバーのダウンロード

Canon Pixus MP630ドライバー. Canon Pixus MP630が音のような大きな歯車を連続して鳴らし、エラーメッセージを受け取ってプリンターの電源をオフにします。その大きな研削音。内部のホイールの間に何かが詰まっているのではないかと思っています。確認のために右側のカバーを外しましたが、インクが溜まっている場所の上部には別のカバーがありますが、取り外し方はわかりません。プリンタは、電源を入れるたびにこの音を出しますが、何も印刷されません。

Canon Pixus MP630ドライバーのダウンロード

スライダーに白いグリースを塗ると(小さなワイパーや黒いキャップには触れないでください)、メカニズムがより自由にスライドできるようになり、ユニットは恐ろしいヘッドホーミングを与えることなく、Canon Pixus MP630ヘッドを適切に駐車できますエラー5100(またはLCDディスプレイのE-2-2)この修復では、パージメカニズムにアクセスするために、プリンタから右側のパネルを取り外す必要がある可能性があることに注意してください。

おそらく、インクが蓄積してゲル化してベタベタし、Canon Pixus MP630の部品が固着することによって生じるサービスステーション機能の問題が発生し始めている可能性があります。トラブルの主な2つのポイントが関係する場合があります。 1つは非常に見やすく、手が届きやすいものです。もう1つはかなりの量の分解が必要ですが、一度仕事に入ると難しくありません。

まず、サービスステーションの端(右側に駐車したときにキャリッジの下にある黒いボックス)に、細い白いくさび形の部品があります。これは引き込み式の「ワイパー」で、キャリッジが停車しているときに前方にスライドし、キャリッジが移動する準備をしているときに後方にスライドします。

 プリンターの後ろに2つのネジがあり、対応する各サイドパネルに2つあります(フロントのネジはプリンターの灰色のフロントパネルの後ろにあります-キヤノンPixus MP630の上部カバーを開いて、前面カバーを固定しているクリップを確認します)これはあなたの一部を助けます。

Canon Pixus MP630ワイパーの正面にある金の接触面からインクを拭く前端に小さなゴムのタブがあります。表面をインクなしに保つのに本当にうまくいくのをまだ見ていませんが、それが表面に蓄積するのを防ぎます。

プリントヘッドがパーキングメカニズムで詰まっているように聞こえます(通常、作動レバーが上位置に固定されているため)。プリンタの電源を入れ、プリントヘッドが動くとすぐに、電源コードを背面から引き抜くか、または電源を切ってください。

技術者として、私は大量のプリンターに取り組んできました。この特定のエラーはしばらくの間私を困惑させましたが、私は最終的に原因を見つけました。他の人が以前指摘したように、Canon Pixus MP630クリアプラスチックエンコーダーストリップの印刷経路、ギア、またはインクに何らかの障害がある可能性があります。あなたは正しい道を進んでいます-パージキャップ(使用されていないときにプリントヘッドが止まる白いスライド機構)が工場から十分に潤滑されていないことがわかりました。

再び発生する場合は、プロセスを数回繰り返して、問題が解決するかどうかを確認します。そうでない場合は、Canon Pixus MP630のパーキングメカニズムが乾燥したインクでいっぱいになり、適切なクリーニング(以下を参照)またはその他のメカニズム障害が必要であることを意味します。

パーキングメカニズム全体が上昇して道を塞いでいることがわかった場合、これはキヤノンPixus MP630のスプリングが外れたことを意味します。これを元に戻すには、プリンターを分解する必要があります-上記のクリーニング作業と同様です!あなたがこれを自分でやってみたいなら、これについて助けを求めて報告してください。

このワイパーがこのインクのすべてによって「適所に接着」するのは非常に簡単です。まず、メンテナンスドアを持ち上げて、キャリッジを中央に移動させ、ワイパーを引き込みます(引き込める場合)。その後、湿らせたペーパータオルまたはCanon Pixus MP630綿棒を使用してワイパーの前の接点をクリーニングし、ワイパーの上部を静かに前方に引いて、クリーニングした表面上で前方にスライドさせます。

これで、邪魔にならないように手でプリントヘッドを左に動かすことができるはずです。次に、右端にある「パーキングベイ」を見て、プリントヘッド自体がパーキングし、プラスチック製のアームが突き出ているかどうかを確認します。ある場合は、Canon Pixus MP630を手前にゆっくりと引くと、跳ね返ります。プリンタの電源を入れ直し、正常に動作するはずです。

これにより、ラバータブのインクの一部が除去され、ワイパー自体のクリーニングが開始されます。

トラブルの2番目の領域は、サービスステーション自体です。スレッドとトレイは厚くコーティングされている可能性が高く、キヤノンPixus MP630をクリーニングする唯一の本当の方法は、アクセスのためにケースを分解することです。次のリンクを使用して、何が関係しているのかを正確に示すステップバイステップの写真/指示ガイドに移動できます

Canon Pixus MP630が電話で1〜2分でこの問題を解決するのを手伝ってくれる6YAエキスパートに相談することで、オンラインで検索したり、不要な修理にお金を浪費したりする時間を節約できます。

この新しいサービスの最大の利点は、保留にされることはなく、実際の修理担当者と話ができることです。

用紙トレイを取り外します。しわや損傷のある紙がないか調べてください。
このモデルが搭載されている場合は、Canon Pixus MP630プリンターの背面カバーも開きます。

プリンタの用紙経路およびトナーまたはインクカートリッジにアクセスできる他のドアを開きます。

用紙が破れた場合は、ローラーギアを手動で回転させて用紙を解放してください。ただし、何も強制しないでください。 Canon Pixus MP630でこの手順を実行します。特に、紙詰まりが目立たずに紙詰まりメッセージが繰り返し表示される場合は、紙が少し裂けている可能性があります。

必要に応じて、トナーまたはインクカートリッジを取り外します。損傷を避けるため、光/太陽光から離してください。詰まった紙を見つけた場合は、両手で持ってしっかり引っ張って取り除きます。目標は、Canon Pixus MP630の破れを防ぐためです。複数のピースが詰まっている場合は、最初に中央のピースを引き出してジャムを緩めます。

同じ問題-私が見つけた2つの解決策は、私の問題解決に役立ちました。連絡先をクリーニングする必要があり、Q-tipとアルコールを使用するか、カートリッジを認識するまで数回クリックするだけで機能する-これは機能する可能性があります。別の人は、キヤノンPixus MP630が新品のカートリッジをインストールすることで動作するようになったと言いました。

プリンタに用紙が入っていないものトナーまたはインクカートリッジと用紙トレイを交換し、開いたドアをすべて閉じ、Canon Pixus MP630でプリンタの電源を入れます。プリンターの紙詰まりメッセージがまだ表示される場合は、プリンターにまだ用紙が残っています。用紙経路を再検査します。


以下をクリックして、Canon Pixus MP630ドライバーをダウンロードします。

Mac OS用のCanon Pixus MP630プリンタードライバーのダウンロード
対象OS :

  • OS X Mavericks v10.9
  • OS X Mountain Lion v10.8
  • OS X Lion v10.7.5

Mac OS用のCanon Pixus MP630スキャナードライバーのダウンロード
対象OS :

  • OS X Mavericks v10.9
  • OS X Mountain Lion v10.8
  • OS X Lion v10.7.5
  • OS X Snow Leopard v10.6.8
  • OS X Leopard v10.5.8

Canon Pixus MP630プリンターおよびスキャナードライバーfor Windows(32ビット)のダウンロード
対象OS :

  • Windows 8.1 (32bit版)
  • Windows 8 (32bit版)
  • Windows 7 (32bit版)
  • Windows Vista (32bit版)
  • Windows XP SP2以降
  • Windows 2000 Professional SP4以降


Canon Pixus MP630プリンターおよびスキャナードライバーfor Windows(64ビット)のダウンロード
対象OS :

  • Windows 8.1 (64bit版)
  • Windows 8 (64bit版)
  • Windows 7 (64bit版)
  • Windows Vista (64bit版)
  • Windows XP x64 Edition


私はブロガーであり、あなたが必要とする正しいドライバやソフトウェアを見つける手助けをしたいです。 特に規範装置から

これを共有

関連記事