Canon SELPHY CP900ドライバーダウンロード

Canon SELPHY CP900ドライバー. それが働いている間、このキヤノンのSELPHY CP900は素晴らしい小さなプリンタでした。技術的には、携帯電話やタブレットでアプリを使用し
ている限り、機能します。しかし、キヤノンはもはやWindowsやMacオペレーティングシステムをサポートしないことにしたので、USB経由でプリンタをコンピュータに接続しなくてもうまくいくでしょう。あなたが常にあなたの携帯電話/タブレットから印刷するのに満足していない限り、私はそれが製造業者が数年後にサポートをやめるという価値があるということを知りません。

Canon SELPHY CP900ドライバーダウンロード

少なくともCanonからの簡単な回避策があるはずです。しかし、検索の一日中、Canon SELPHY CP900しかサードパーティ製のドライバをダウンロードするサイトにたどり着けなかった(おかげでない)または他の変更は私のコンピュータには望ましくない。

それは残念だ。このデバイスは素敵な写真やはがきを印刷します。はがき用紙を使用しているときに共有できる、または郵送できる写真の物理的なコピーを作成することを楽しんだ。 Canon SELPHY CP900伝えられるところでは、新しいCP1300はWindows 10およびOS High Sierraで動作します - しかし、OSのアップデートが行われるまで、Canonは既存のデバイスと互換性を持たせるためにファームウェアのアップデートを許可する代わりに新しいデバイスを作ります。

私はセットアップ結婚式の写真集で使用するためにこれらのキヤノンのSELPHY CP900カラープリンタのいずれかを購入し、それはこのアプリケーションで素晴らしい仕事をしました。私たちのセットアップは、傘リフレクターにフラッシュを照射するDSLRカメラでした。 DSLRは、長いUSBケーブルを介してAdobe Lightroom 4ソフトウェアを実行しているMacBook Proに接続されていた。

Lightroomは、キヤノンセルフィーCP900の編成、調整、および印刷用のソフトウェアに各画像をすぐに転送するテザー撮影モードで動作しました。印刷用に1枚の用紙に4つの画像をすばやく配置し、USBで接続されたCanon Selphyプリンタにすぐに印刷できるようにする印刷テンプレートを設定しました。

このセットアップで我々が抱えていた1つの技術的な難しさは、Canonがこの文書の執筆時点でMac OS Xオペレーティングシステム(OS X 10.9 Mavericks)の最新リリースをサポートするこのプリンタ用のアップデートドライバインストーラをリリースしていないことです。 / 2013)

そのため、このフォトブースイベントでラップトップを利用できる人のほとんどはすでに10.9に更新されているので、まだアップグレードしていない誰かを探してフォトブース用にコンピュータを借りる必要がありました。これについての不幸なことCanon SELPHY CP900は、ドライバ自体が10.9で動作する可能性が高いということです。 Macオペレーティングシステムのバージョンを確認するのはインストーラプログラムだけです。10.9についてはまだ知られていないため、ドライバをインストールすることはできません。

まず第一に、写真の品質は、画像やプリンタ設定を特別に調整することなく非常に優れています。これは、すべてのフォトブースの写真を夜間連続して撮影しているためです。調整する時間はありません。

このプリンタは、Canon Canon SELPHY CP900昇華型印刷プロセスを使用しているため、印刷にバンディングやディザリングが見られず、色調は非常に滑らかで連続的です。

私たちはそれを一晩中約5時間印刷し続けていたので、このプリンタはまた主力であり、Canon SELPHY CP900が問題の兆候を示すことは決してありませんでした。印刷が中止された唯一の理由は、プリントカートリッジや用紙を交換しなければならなかったときです。

あなたが大きいパッケージで紙とカートリッジを購入するとき、印刷費用は1印刷あたりの境界線が高いです。小さい方のプリントパックを購入すると、36枚のプリントが手に入ります。

このプリンタの印刷機構は、スクロールカートリッジに入ってくるカラー染料のシートから来る色を使用します。印刷すると、プリンタは、シアン、マゼンタ、イエローの各色に1枚ずつ、次にコーティングシートを1枚ずつ通します。そのため、Canon SELPHY CP900で印刷される画像に含まれる色に関係なく、1つの印刷画像に対して1セットのカラーシートをスクロールに使用します。

これは、印刷中の画像に黄色が含まれていない場合は、Canon SELPHY CP900のイエローインクを節約するインクジェットプリンタとは異なります。それでそれがそれが108の印刷物のための供給を含むと言うときCanon Selphyの印刷カートリッジ、それは本当にあなたがそれから正確に108の印刷物を得ることを意味します。ここには「伸ばす」、つまりエコノミーモードはありません。

しかし、このCanon SELPHY CP900は良い点と悪い点の両方です(トレードオフ)。あなたが経済的にすることができない間、あなたは致命的な単純な信頼性を得ます。この技術を使用しても、インクカートリッジが乾燥したり、プリントヘッドが詰まったりすることはありません。

Canon SELPHY CP900には、優れた印刷画質が得られたエプソンのインクジェットフォトプリンタがありますが、印刷せずに数カ月間行った場合、ヘッドが詰まり、無駄なプリンタになってしまいますヘッドは交換できません。

Canon SELPHY CP900ドライバをダウンロードするには、以下をクリックしてください。
動作環境
対応 OS :
  • このプリンタードライバーの対象 OS は、Mac OS X 10.10 です。

インターフェース :
  • USB

※このドライバーはUSBポート経由での印刷のみをサポートしています。
対象機種 :
SELPHY CP910, SELPHY CP900, SELPHY CP800
動作環境
1. 対応OS :
  • Windows 7 32bit

2. 対応PC :
  • 上記OS がプリインストールされていること

3. インターフェース :
  • USB
  • 無線LAN ( IEEE 802.11b/g ) (※)

※ SP1 ( Starter / Home Basicには対応していません )
動作環境
1. 対応OS :
  • Windows 7 64bit

2. 対応PC :
  • 上記OS がプリインストールされていること

3. インターフェース :
  • USB
  • 無線LAN ( IEEE 802.11b/g ) (※)

※ SP1 ( Starter / Home Basicには対応していません )

私はブロガーであり、あなたが必要とする正しいドライバやソフトウェアを見つける手助けをしたいです。 特に規範装置から

これを共有

関連記事